PICK UP! 入園・入学&卒園・卒業に読みたい絵本

「待つ」ということは、時に忍耐が必要です。

そして、「きっと大丈夫だろう」と相手を信頼できるかどうかも、関わってくるものです。

『はやくはやくっていわないで』― この作品を読むと、普段、自分が誰かと接しているときに、相手のことをちゃんと見て、ちゃんと感じられているかどうかを、問われている気がします。

はやくはやくっていわないで

『はやくはやくっていわないで』益田ミリ作、平澤一平絵、ミシマ社、2010  amazon

その相手は、小さい子どもだったり、友人だったり、職場の仲間だったり、親やきょうだいだったり……。

きこえていますか? この子の声、あの人の声、わたしの声…… 「どうしていそぐ」 「いそいでどこいく」「ひっぱらないで」 「おさないで」。

帯にあることばです。

一人一人が違っているのは当たり前のことなのに、私たちはすぐにこの大切なことを忘れてしまう。日常生活では、歩調を合わせることの方が、優先されてしまいがちです。

これもちろん大切なことですが、そこにある誰かの窮屈な気持ちを、忘れてはいけないと思うのです。

あなたの目の前にいる大切な誰かを思って、ぜひ読んでもらいたい作品です。

にこっとポイント

(にこっと絵本 森實摩利子)

おすすめの記事