春の旅立ちにおすすめの絵本

腹がたってたまらない― そんなとき、あなたはどうやって怒りを発散させますか?イライラ解消にこんな方法はいかがでしょうか? 今回は、『ほげちゃん』をご紹介します。

ほげちゃん

『ほげちゃん』やぎたみこ作・絵、偕成社、2011 amazon

ほげちゃんは、少し個性的なお顔をしたぬいぐるみ。家族は「かば」だと思っているようですが、実は「くま」なんです。

ゆうちゃんは、ほげちゃんが大好き。

寝るときも、遊ぶときも、いっつも一緒。家族もほげちゃんがいるのが当たり前になっていました。

ほげちゃん

ところが、事件が起こります。それは、家族がお出かけした日のことでした。

お留守番をすることになったほげちゃんは、家族がいなくなった途端に動き出し、立ち上がったかと思えば「ゆるせない――――!」と暴れはじめてしまったのです。

ここで事件の詳細をお話ししてしまうと絵本を読んだときの衝撃が薄まるのでひみつにしておきますが、あることをしたほげちゃんは大ピンチ(!)に陥ります。

でも、最後の最後には、心すっきりした感じで「きょうは なんだか たのしかった」とつぶやいたのでした。

嫌なことや辛いことがあって心にモヤモヤが溜まったときは、声に出して発散するというのも一つの方法です。

ほげちゃんをまねて、あなたも気持ちを解放してみてはいかがですか? 少し、スッキリできるかもしれませんよ。

にこっとポイント

  • 心にモヤモヤが溜まったときは、ほげちゃんをまねて、気持ちを解放してみてはいかがでしょうか。
  • 見返しにはほげちゃんの作り方(型紙)が載っています。家族で一緒に作ってみるのも楽しいですね。

(にこっと絵本 森實摩利子)

おすすめの記事