歌いながら、名古屋名物を堪能しよう!

名古屋うみゃあもんのうた

『名古屋うみゃあもんのうた』長谷川義史、佼成出版社、2015 amazon

「名古屋にゃ うみゃあもんが どえりゃあ あるんだわ」

『名古屋うみゃあもんのうた』は、手羽先やういろう、きしめんにみそにこみといった名古屋名物を、作者である長谷川義史さんが、名古屋弁とユーモアを交えながら紹介する絵本です。

登場するのは食べものだけでありません。名古屋城などの名所に、織田信長などの名古屋ゆかりの有名人も描かれています。

さらに最後のページには、メロディの「ゆかいな牧場」の楽譜も付いていて、みんなで歌えるようになっています。ちなみに、「ゆかいな牧場」は、「いちろうさんの まきばで イーアイ イーアイ オー」でおなじみのアメリカ民謡。楽譜が苦手な方も楽しめますので、ご安心を。

歌って踊って!? 名古屋を隅々まで楽しめる工夫が満載!

この絵本は、各ページに吹き出しで、振り付けの説明もあります。

たとえば、「ういろう」の紹介ページでは「むねのまえで てでしかくをつくって ういろうみたいに」、「みそおでん」のページでは「くしをもって おでんをたべるふりをしてね」という風に。

そのため「そのまま読む」「歌いながら読む」「歌って踊りながら読む」と、豊富なバリエーションから読み方を選べるのも、魅力の一つ。

また、隅々まで楽しめる工夫もいっぱいです。描かれたお客さんの中に、中日ドラゴンズの帽子をかぶっている人がいたり、ご当地キャラも登場していたり……。

名古屋うみゃあもんのうた02

手羽先や味噌おでん等がモノクロで描かれた見返しや、名古屋のモーニングに触れた裏表紙まで、まるまる一冊名古屋尽くしなのにも注目です。

にこっとポイント

  • 名古屋を身近に感じ、親しみが持てる一冊です。
  • 読み聞かせの時は、一度目はゆっくりとそのまま読み、二度目で歌ったり振りを交えたりすると、盛り上がります。
  • 大阪を紹介した『大阪うまいもんのうた』、岩手、宮城、福島の東北3県を舞台にした『東北んめえもんのうた』が、シリーズで出版されています。

 

(にこっと絵本 SATO)

おすすめの記事