PICK UP! 海と虫の絵本

長野県安曇野市の「森のおうち」で、暑さを忘れて、至福のひとときを―。

森の中にひっそりとたたずむ絵本美術館「森のおうち」

森の中の一本道を進んで、「本当にこの道で大丈夫かな」とちょっぴり不安になる頃、森のおうちは、目の前にふっと現れます。

森のおうち

 

大きな森の中のかわいい建物。入口までの小道を歩くと、わくわくしてきます。

森のおうち

 

森のおうちと宮沢賢治といせひでこと……

入口を入ると、現在開催中のいせひでこ原画展のポスターと、たくさんの蝶のモビールが出迎えてくれました(絵本原画展「見えない蝶をさがして」は2018年7月6日から10月2日までです)。

いせひでこ原画展

1階の展示室には『見えない蝶をさがして』の原画が、2階の展示室には「いせひでこと森のおうちの20年」、たくさんの原画と森のおうちに宛てたいせさんからの手紙などが展示されていました。

いせひでこ原画展

いせひでこ原画展

 

森のおうちは、「児童文化の世界を通じて多くの人々と心豊かに集いあい、交流しあい、未来に私たちの夢をつないでゆきたい」という願いで作られました。特に宮沢賢治の作品を通じて「生きとし生けるものの生命の大切さ平等さ、自然との共存」などをテーマに発信し続けています。

実は、いせさんと森のおうち館長の酒井倫子さんをつなぐキーワードは、宮澤賢治。お二人は、宮沢賢治の作品を通じて出会いました。そのため、いせさんは、近年は毎年、新作の発表を森のおうちで行っています。

メニューを見るのも楽しい、ティールーム「ポラーノ」

原画を堪能した後は、1階のティールームポラーノへ。お店の名前は、もちろん宮沢賢治の「ポラーノの広場」から。賢治ファンにはたまりませんね。

ポラーノ

今日は「雨ニモマケズとまとごはん」をいただきました。「注文の多いカレーライス」と、どちらにしようかしばし悩みます。どちらもおいしい!

雨ニモマケズとまとごはん

窓の外に目を向けると、きれいな緑とやさしい木漏れ日に心がしん、としてきます。

ポラーノ

 

おすすめ絵本がずらり! 絵本ショップ「星めぐり」

森のおうち、最後はミュージアムショップでお買いものをお楽しみください。

星めぐり

森のおうちオリジナルノートとクリアファイルはここでしか買えません!

ショップ入口の飾りは、スタッフの手作り。季節ごとにいろいろ趣向をこらしているそうです。

星めぐり

絵本美術館「森のおうち」は、お一人でも、ご家族やグループでも、大切な方とでも、きっと満足できると思います。他にも、図書室や、宿泊できるコテージがあります。なんと、結婚式を挙げることもできますよ。

夏のおでかけに、心を癒しにいらっしゃいませんか?

 

森のおうち

住所:長野県安曇野市穂高有明2215-9
TEL:0263-83-5670
開館時間:9:30~17:00
休館日:木曜(8月お盆の週は開館)
入館料:大人800円 小中学生500円 3才以上250円
ホームページ:http://www.morinoouchi.com

 

(寄稿:絵本専門士<長野県> 北原まり)

おすすめの記事