PICK UP! 入園・入学&卒園・卒業に読みたい絵本

お客さんを乗せてバスが走ります。バス停が近づくと「つぎは、もりの いりぐち~」とアナウンス。すると、プーっとブザーが鳴りました― 「つぎ、とまります」。

つぎとまります

『つぎ、とまります』村田エミコ、福音館書店、2013 amazon

バスから降りてきたのは、たぬきのきょうだいでした。

バスは、森の中を走ります。「つぎは どんぐりやま~」、プーっとまたブザーが鳴って、「つぎ、とまります」。さて今度は、誰がバスから降りてくるのでしょうか。

バス停に止まるたびに、どんな動物が降りてくるのかとわくわくするのはもちろんですが、文章も、次のバス停の案内アナウンスやプーというブザー等がシンプルに書かれていて、そのくり返しが楽しめます。

また、バス停の名前が「どろんこいけ」「こんぶはらっぱ」「まっくらよこちょう」など、ユーモラスなのも注目ポイントですし、バスを降りた後に、みんなが「ただいまー」「おかえりー」とあいさつを交わすところには、あたたかい気持ちになります。

絵は、全ページ版画で描かれています。たとえば、こちらは、冒頭のたぬきたちがバスから降りてくる場面です。

中ページ_つぎとまります

表情が豊かなだけでなく、背景の木々の葉の様子など、細かいところまで描かれていて、魅力的ですよね。よく見ると、お客さんたちが降りた後食べる「ごはん」もわかります。

バスに乗ると、バス停が近づくごとにアナウンスがあること、降りたいバス停が近づいたらブザーを押すと止まってもらえることなどがよくわかるので、子どもが初めてバスに乗る前に読むにも、おすすめの絵本です。

にこっとポイント

  • 森を走るバスから、お客さんが次々と降りていく、版画で描かれたバスの絵本です。バスの窓のシルエットが、誰が乗っているかのヒントになっていますよ!
  • 子どもが初めてバスに乗る前に読むにも、おすすめです。

(にこっと絵本 SATO)

おすすめの記事