アメリカ生まれのスーパーポジティブキャット、その名もピートは、ちょっとおとぼけ顔のねこちゃんです。

ねこのピート

『ねこのピート だいすきなしろいくつ』エリック・リトウィン作、ジェームス・ディーン絵、大友剛訳、長谷川義史文字絵、ひさかたチャイルド、2013 amazon

 

大好きな白い靴を履いてお出かけしたピートは、うれしくって歌います。

「しろいくつ かなりさいこー」

ところが、なんてこった! イチゴやブルーベリーの山、泥んこを歩くうちに、真っ白い靴がどんどん汚れちゃうんです。

でもピートはスーパーポジティブ。それも全部「かなりさいこー!」と、歌って前に進んでいきます。

ピート

 

実は、ピートにはモデルになった猫がいます。それは、絵を描いたジェームス・ディーンさんの、保護施設から引き取られた黒猫。ピートは彼が絵を描いているときに膝の上に座り、彼の後をつけ、アトリエのまわりを散歩し、ジェームスさんの隙を見ては飲みかけのコーヒーをなめたりしていたんですって。

ピートみたいに、周りで起こることに柔軟に対応したいなぁと、いつも思う私です。

嫌なことがあったりしんどいことがあったりする時こそ、顔をあげて前に進む。そう、歌も歌いながらね。

ピートは言います「そう、それが大事」。

きょうも、かなり、さいこー!

 

にこっとポイント

 

(にこっと絵本 森實摩利子)

おすすめの記事