「なにもかも きいろに まみれて おどりながら 描いたよ」(ミロコマチコ)

オレときいろ
『オレときいろ』ミロコマチコ作、WAVE出版、2014 amazon

 

オレの前に突然やってきた「きいろ」。つかまえようと追いかけるけれど、逃げられてしまいます。そのうち、きいろがどんどん降ってきて、あふれて、騒いで……。

あふれる黄色に、あなたは何を感じますか?

目に飛び込んでくる、インパクトのある鮮やかな黄色。ぽつりと現れたかと思えば、その増殖たるや嵐のようで、読んでいるだけでそのエネルギーの濃度に溺れてしまいそうに感じるほどです。

さて、この絵本を開くとき、ぐるぐると渦巻き大暴れする「きいろ」に、皆さんは何を感じるでしょうか。

何かが芽吹き、増殖し、翻弄されること。それは、命でもあり、感情でもあるかもしれません。時に、「はへ はへ はへ はへ」と息をついてしまうこともあれば、相手をけちらかすほどの大乱闘に発展することもあるかもしれません。

でも、最後にはこの絵本に触れる皆さんが、絵本の中のオレのように、生まれ渦巻く「きいろ」の中に「さいた」ものを見出して「なかよく」できる結末に出会えるといいな、と願っています。

作者は、大注目の絵本作家ミロコマチコさん!

「圧倒的な色の洪水」ともいえるエネルギーあふれる表現と、シンプルながらも独特で口に出して読みたくなることばで、次々と絵本をつくり出している、絵本作家ミロコマチコさん。国内外の数々の絵本に関する賞を受賞されています。

お子さんがいる方の中には、Eテレのコレナンデ商会のオープニングの背景の絵を描いている人、というとピンとくる方もいるかもしれません。最近では、カンヌ国際映画祭でパルムドールに輝いた、是枝裕和監督の『万引き家族』の映画ポスターの題字、イラスト、そしてノベライズの装画、扉絵も手掛けていらっしゃいます。様々なメディアで活躍されているその表現から、今後も目が離せません!

 

にこっとポイント

  • 愛猫家でも知られている作者の、ねこ愛あふれる一冊『てつぞうはね』も、ねこ好きには必見です。
  • 鬱々としたとき、何か心の起爆剤が欲しい時、この絵本の鮮やかな色と大胆な表現から何かきっかけがもらえるかもしれません。

 

 

(にこっと絵本 Haru)

 

 

おすすめの記事