PICK UP! 大人も読みたい絵本

『ちょっとそこまでぱんかいに』の主人公は、自転車の補助輪がとれ、うれしくてたまらない「わたくん」です。

ちょっとそこまでぱんかいに

『ちょっとそこまでぱんかいに』山下明生作、エム・ナマエ絵、サンリード、1981  amazon

わたくんは、お母さんに「ぼく、じてんしゃで おつかいに いってあげる」と言うと、ヘルメットをかぶり、自転車にまたがって、さあ出発! 自転車をびゅうびゅうとばします。

走る道すがら、「おや わたくん、どこ いくの?」と聞かれるたび、わたくんは答えます。「ちょっとそこまで」「なにしに?」「ぱん かいに」

さて、わたくんは、どこまでパンを買いに行くのでしょうか? 想像を超えた展開が待っています。

「どこまでも行ける!」そんな感覚を楽しもう

坂を下り、踏切を超えて、国道に、それから……。その疾走感や、自転車に乗れたときの世界が広がった感じが、わたくんを通してとてもよく伝わってきます。だから、わたくんの驚くような冒険も、わたくんと一緒に楽しむことができます。

また、特徴的な絵の、色遣いにも工夫があります。地図のような街並みはモノクロで、わたくんや自転車、わたくんと出会ったものや空は、カラーで描かれています。そのため、カラーの部分が、とても心に残ります。

自転車に乗る練習をしている子や乗れるようになったばかりの子、自転車に乗れてうれしかった思い出のある全ての人に、おすすめの絵本です。

にこっとポイント

  • 自転車でどこまでも走っていけそうな感覚を、主人公と共有でき、冒険できる絵本です。読み終わった後、自転車に乗って出かけたい気分になります。
  • 「どこまでも自転車で走っていけるとしたら、どこまで行きたいか」など、想像してみても楽しいですよ。


(にこっと絵本 SATO)

おすすめの記事