春の旅立ちにおすすめの絵本

おばあちゃんのおせち

『おばあちゃんのおせち』野村たかあき、佼成出版社、2008 amazon

もうすぐお正月。おばあちゃんのおせちづくりを、孫のきりちゃんもお手伝いします。

まずは、商店街に買い出しです。魚屋さん、乾物屋さん、八百屋さんで、おせち料理の材料をそろえます。家に帰って、エプロンをつけたら、さっそく下準備です。

12月28日から元日までの家族の様子が、おせちづくりを中心に描かれている『おばあちゃんのおせち』― おばあちゃんや家族のあたたかさが、版画絵を通して伝わってきます。

日本の伝統に触れ、年末年始を大切に過ごしたくなる

家族みんなで大掃除をしたり、お父さんと弟がお正月飾りを買ってきたりと、おせちづくりだけではなく、お正月を迎えるための準備をする家族が描かれていることも、この絵本の魅力だと思います。

おばあちゃんのおせち2

また、おせちを作るおばあちゃんと、お手伝いをする孫のきりちゃんのやりとりが、とてもほほえましいんです。

おばあちゃんは、料理方法を教えるだけではなく、「くろまめは、らいねんも まめに くらせますようにと、ねがいを こめて にるんだよ」など、料理に込められた願いまで、しっかりと伝えてくれます。読んでいると、まるで自分もおばあちゃんに教わっているような気分になります。

完成したおばあちゃんのおせちは、とても豪華!

おばあちゃんのおせち3
黒豆に栗きんとん、えびの塩焼きに、ぶりの照り焼き……、思わず手を伸ばしたくなるほどのできばえです。

伝統の良さに改めて気づかされ、年末年始を大切に過ごしたくなる絵本です。

にこっとポイント

  • おせちづくりを中心に、家族でのお正月の迎え方が描かれた季節の絵本です。あたたかさが、版画絵からも伝わります。
  • 巻末に、料理研究家・堀江ひろ子さんのおせち料理についての解説があります。
  • 「おばあちゃんの行事食シリーズ」には、他に、『おばあちゃんのえほうまき』『おばあちゃんのおはぎ』『おばあちゃんのななくさがゆ』『おばあちゃんのひなちらし』が出版されています。

 

(にこっと絵本 SATO)

おすすめの記事