雨の絵本

ねずみくんは想像します― 「もしも、ぼくの しっぽが ながーい ながい しっぽだったら……」。

しっぽ.しっぽ.しっぽっぽ.

『しっぽ.しっぽ.しっぽっぽ.』木曽秀夫、フレーベル館、2011 amazon

細長いしっぽを使って、かばさんの虫歯を抜いてあげたり、わにさんの長さを測ってあげたりなど、次から次へとやりたいことが、浮かんできます。

たくさんの動物が登場するのがにぎやかで、「しっぽ しっぽ しっぽっぽ」ということばではじまる文章はとても心地よいです。

そして、実は、ねずみくんのしっぽは、ゴムになっていて、びょーんとのびる感覚を楽しむことができるんです。

このしかけのおかげで、ねずみくんの想像がよりイメージしやすくなり、伸び縮みするという変化ももたらしてくれるので、何度も絵本を開けたくなります。

さらに、裏表紙のねずみくんもユニーク!

しっぽ.しっぽ.しっぽっぽ.

自分のしっぽで得意そうに、なわとびをするねずみくんを見ていると、この後もまだおはなしが続きそうな気分になります。読んだ後に、「もしも長いしっぽがあったら、他にどんなことができるか」などを考えてみてもおもしろいですよ!

にこっとポイント

  • ねずみくんの想像力と、びょーんとのびるゴムのしかけが楽しい絵本です。
  • たくさんの動物が登場するので、動物好きの子どもにも喜ばれます。特に、どのページにも登場している、表情豊かなカメさんにご注目を!
  • 読んだ後に、「長いしっぽがあったなら、自分は何がしたいか」など、盛り上がることができます。

 

(にこっと絵本 SATO)

おすすめの記事